【おすすめ記事】 なぜ在宅介護を選ぶのか
在宅介護を助けるナイトケア

需要の高いナイトケアの担い手になるために知るべきこと

ナイトケアの担い手になるために

ナイトケアの担い手になるためにの記事一覧
  • レスパイトケアの代表例 2020.06.24

    レスパイトケアの代表例

    ナイトケアの仕事をしたいと考えるのであれば、まずはどのような施設があるのかを把握しましょう。レスパイトケアを行う介護施設として代表的なのが、「デイサービス」と「ショートステイ」です。デイサービスは日中に運営されていますが、最近はそのまま宿泊できるお泊りデイも増えてきました。ショートステイはある程度の期間宿泊することができる施設です。また、こういったサービスを利用できない人に対するケアについても知っておきましょう。

  • 転職エージェントの利用がおすすめ 2020.07.05

    転職エージェントの利用がおすすめ

    ナイトケアの仕事を探すのであれば、介護業界に特化した転職エージェントの利用が最もおすすめです。転職エージェントを利用すればブラックな職場を避けることができます。また、好条件な求人を多く保有しているので、待遇アップを狙う人にもおすすめです。より多くの情報を得るために、2~3社に登録しておきましょう。転職活動を進めていく際には、「自分が職場を選ぶ立場」であることを意識してください。「選んでもらう」という考えだと失敗する可能性が高いです。

  • 需要が高まる「お泊りデイ」 2020.07.27

    需要が高まる「お泊りデイ」

    通いなれたデイサービスにそのまま宿泊できるのがお泊りデイです。顔なじみの職員がいるので、利用者としても安心感を持って過ごすことができます。利用料金はショートステイと比べると割高ですが、緊急時にすぐ対応してくれるといったメリットがあります。ショートステイは空きがないことも多いので、仕事の都合などで介護者が介護から離れなければならない時などに利用されます。お泊りデイでは、日中には実施しない口腔ケアや着替えの介助などを行います。

社会的な課題「介護ストレスの解消」

介護者の休息も不可欠

在宅介護を継続的に行うためには、介護者の休息が必要です。そこで有効となるのが、ナイトケアを含めたレスパイトケアです。介護者を一時的に介護から解放することで、心身のリフレッシュを図ります。

この記事の続きを読む
在宅介護について

ナイトケアに関するあらゆる情報を発信していきます。介護職として転職を考えている人に役立つ知識もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。なお、当サイトへのお問い合わせにつきましては>>こちら<<からお願いいたします。

在宅介護について