【おすすめ記事】 なぜ在宅介護を選ぶのか
在宅介護を助けるナイトケア

ナイトケアで在宅介護を支えていく

介護職として在宅介護を支える

介護職として在宅介護を支えるの記事一覧
  • 今後もニーズが増えるナイトケア 2020.07.02

    今後もニーズが増えるナイトケア

    ナイトケアを実施している事業所の数は徐々に数を増やしていますがまだまだ需要に対して供給が追い付いていないのが実情です。平日・土日祝共に対応可能な施設の増加が望まれています。そこで、総務省行政評価局は厚生労働省に対して計画達成に向けた評価・点検の徹底を求めました。在宅介護を含めた地域包括ケアシステムを構築するためには、介護サービスの充実が不可欠です。今後も、ナイトケアを始めとした介護サービスのニーズは増え続けていくでしょう。

  • 転職エージェントの利用がおすすめ 2020.07.05

    転職エージェントの利用がおすすめ

    ナイトケアの仕事を探すなら、転職エージェントを利用しましょう。働き方改革などにより労働環境の整備が進められているものの、劣悪な労働環境で職員を働かせているブラックな職場もまだ存在します。そこで、各事業所の細かい事情を把握している転職エージェントの利用がカギとなるのです。介護業界に特化した転職エージェントは複数存在するため、2~3社に登録して比較検討しながら利用することをおすすめします。また、転職活動時の心構えについても紹介していきます。

  • 介護職がケアするのは利用者だけではない 2020.07.08

    介護職がケアするのは利用者だけではない

    高齢化が進む日本において、介護職の需要はこれからも伸び続けていきます。地域包括ケアシステムを構築することにより、社会全体で高齢者の生活を支える構図になっていくでしょう。そこで重要となるのが、利用者へのサポートだけではなく介護者に対するケアです。介護者である家族に寄り添うことで、無理のない在宅介護が可能となります。レスパイトケアの重要性を伝え、介護者に十分な休息を与える取り組みも今後は求められてくるでしょう。

  • 自分に合った介護の仕事を探すには 2020.07.20

    自分に合った介護の仕事を探すには

    介護職は需要があるため、市場には多くの求人情報が出回っています。たくさんある求人情報の中から自分に合う仕事を探すのは困難です。自分のスキルや経験を安売りしてしまうことがないように、効率的に情報を集めていきましょう。そこでおすすめなのが、介護業界の求人を専門に扱っている転職支援サービスです。また、希望条件を明確化しておくことも必要です。給与だけではなく、職場への通いやすさや福利厚生などにも注目しましょう。

社会的な課題「介護ストレスの解消」

介護者の休息も不可欠

在宅介護を継続的に行うためには、介護者の休息が必要です。そこで有効となるのが、ナイトケアを含めたレスパイトケアです。介護者を一時的に介護から解放することで、心身のリフレッシュを図ります。

この記事の続きを読む
在宅介護について

ナイトケアに関するあらゆる情報を発信していきます。介護職として転職を考えている人に役立つ知識もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。なお、当サイトへのお問い合わせにつきましては>>こちら<<からお願いいたします。

在宅介護について