【おすすめ記事】 介護者の休息も不可欠
在宅介護を助けるナイトケア

在宅介護の負担を軽減するナイトケア

無視できない在宅介護の負担

無視できない在宅介護の負担の記事一覧
  • 重くのしかかる介護者への負担 2020.06.19

    重くのしかかる介護者への負担

    在宅介護は介護者である家族に大きな負担がかかります。あるアンケート調査によると、介護者の多くが家族の介護に対して何かしらの悩みやストレスを抱えていることが分かっています。最も不安な要素として挙げられるのは「認知症になった場合の対応」です。要介護3以上の高齢者を介護する場合、半数以上の人が「半日以上あるいは終日」の時間を介護に割いていることが判明しています。負担を軽減するためには、介護者を助けるナイトケアなどの介護サービスが必要とされています。

  • 介護者の休息も不可欠 2020.06.22

    介護者の休息も不可欠

    毎日家族の介護をするのは介護者である家族にとって非常に大きな負担です。疲弊し続けることで、介護者自身が倒れてしまうかもしれません。また、介護によるストレスから暴力などの問題行動に発展する可能性もあります。そこで必要となるのが「レスパイトケア」です。レスパイトケアとは、介護者を一時的に介護から解放してリフレッシュしてもらう取り組みです。日本においてもレスパイトケアに該当する介護サービスは存在していますが、さらなる認知の拡大が求められています。

  • レスパイトケアの代表例 2020.06.24

    レスパイトケアの代表例

    日本におけるレスパイトケアの代表的なサービスが「デイサービス」と「ショートステイ」です。どちらも介護保険が適用可能で、利用対象者は要介護認定を受けた人です。デイサービスでは食事や入浴などの生活介助に加えてレクリエーションなどを提供しています。ショートステイは一定期間高齢者を預けられる宿泊型の施設です。そのため、介護者が数日間家を離れる場合でも利用できます。ただし、ショートステイは人気が高いので、利用を希望する際は早めに予約する必要があります。

  • なぜ在宅介護を選ぶのか 2020.08.03

    なぜ在宅介護を選ぶのか

    在宅介護を選択する理由は様々です。代表的な理由として挙げられるのは費用面の負担です。施設を利用する場合は入居費などがかかることから、安く済む在宅介護を選択する人が多いです。また、住み慣れた環境で生活したいという希望から、在宅介護を選択するケースも多いです。一方で、施設介護を望んでいながらも、施設の空きがなく入所ができないことから仕方なく在宅介護を選ぶ人もいるようです。なお、都市の規模が小さければ小さいほど在宅介護を希望する人の割合が多くなる傾向があります。

社会的な課題「介護ストレスの解消」

介護者の休息も不可欠

在宅介護を継続的に行うためには、介護者の休息が必要です。そこで有効となるのが、ナイトケアを含めたレスパイトケアです。介護者を一時的に介護から解放することで、心身のリフレッシュを図ります。

この記事の続きを読む
在宅介護について

ナイトケアに関するあらゆる情報を発信していきます。介護職として転職を考えている人に役立つ知識もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。なお、当サイトへのお問い合わせにつきましては>>こちら<<からお願いいたします。

在宅介護について